病院のご案内

栄養科

栄養科では食を通した「より良質な医療」を目指して、入院患者さまの栄養管理と入院・外来患者さまへの栄養指導を行っています。

 入院患者さまへは管理栄養士が病室を訪問し、他の医療スタッフとチームとなって栄養管理を行っています。そして医師の指示のもと、病状や栄養状態に合わせた治療食や個別対応の食事提供を行うことで治療の一環を担っています。また、食事提供においては、常に「安全・安心で患者さまの楽しみとなる食事」を心がけ、おいしさの追求とサービス向上に努めています。

 栄養指導では、必要な食事療法についてご説明し、患者さまの現状に合わせた問題を共に解決していくように心がけています。

入院中の栄養管理

栄養管理計画

 入院患者さま、全員を対象に栄養管理計画を立てています。この計画を基に患者さまの栄養状態を良好に保つように努めています。

入院時の病室訪問

 管理栄養士が病室を訪問し、提供している食事の説明を行ったり、食事に関して困っていることはないかをお尋ねし、患者さまが美味しく楽しんで食事ができるように取り組んでいます。
 また、食べる量が少なく栄養が不足している患者さまに対しては、再度訪問し、必要量を食べられるように、食事内容の変更等を行います。

入院中の食事

 治療の一環として、患者さまの病状に合わせた食事を提供しています。食事の種類には一般食、治療食、産婦食があります。

 食べ物が噛みにくい、飲み込みにくい患者さまへは個別対応として、「一口大」「1cm大」「荒刻み」「刻み」「ミキサー」の中から患者さまの状態に合ったものを提供しています。

 温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たくして提供しています。

選択メニュー

 常食、シニア食を喫食されている患者さまには週3回、昼食・夕食の料理を2種類の中から選んでいただけます。

産科の食事

 出産後の食事は『産婦食』として授乳期に必要な栄養を考慮した食事を提供しています。若い女性に人気のメニューを取り入れ、夜食もお出ししています。退院前には『出産お祝い膳』を提供しています。

行事食

 入院中の患者さまに楽しんでいただけるよう「クリスマス」や「おせち料理」など季節や行事に合わせて、手作りのカードと共に提供しています。


ひなまつり

七夕

秋の献立

クリスマス

栄養指導

 糖尿病を始めとする生活習慣病の食事療法についての説明のほかに、食べる量が減って困っているなどの食事についての相談も行っています。どんな些細なことでも食事について話を聞いてみたい方はお気軽に声をお掛けください。

糖尿病の方、 高血圧の方、 コレステロールの高い方、 痛風の方
中性脂肪の高い方、 貧血ぎみの方、 肥満の方、 介護食について など

申し込み方法

 医師の指示が必要なため、ご希望の方は診察時に主治医に申し出て、希望日時を予約してください。外来・入院ともに午前、午後で実施しております。

※指導料については保険の自己負担率によって異なりますので、詳しくは総合受付にてお尋ねください。

栄養通信の発行

 栄養や食に関する情報を、月1回リーフレットで発行しています。